MENU

エクオールはどんな食品に含まれている?

テレビや雑誌などで取り上げられ、何かと話題になっているエクオール
アンチエイジングや更年期予防、生理不順の改善など、とても注目を集めている成分で、サプリメントも売上を伸ばしています。
そのエクオールが食品から摂れるのであれば、是非普段の食事から見直して積極的に摂りたいものです。

 

どの様な食事から摂ることができるのでしょうか?
エクオールを含む食品とはどの様なものがあるのでしょうか?
ここでは、代表的な例を紹介しています。

 

エクオールを含む食品

更に調べてみたところ、実は直接食材から摂取することのできる成分ではないことが解りました。
エクオールは食品やサプリメント等から「大豆イソフラボン」を摂取することでそれを材料とし、腸内細菌によって作られる成分なのです。
そしてイソフラボンよりも効果が期待できることから、別名「スーパーイソフラボン」とも呼ばれ脚光を浴びています。
エクオールサプリも各メーカーから販売されています。
という訳で、
エクオールを含む食品は残念ながらありません。
なので摂取したいと思ったら、大豆イソフラボンを含む食事を摂る必要があるのです。

 

 

では気を取り直して、大豆イソフラボンを多く含む食品がどんなものか、見ていきましょう。

 

大豆イソフラボンを含む食品

こちらはもうご存知の方は多いですよね。
エクオールのもととなる大豆イソフラボンを取り入れるには、食品の中ではその名の通りで大豆製品に多く含まれています。

 

大豆イソフラボンを含む食品は主に下記の通りです
納豆
豆腐
油揚げ
豆乳
きな粉
味噌

 

では、この様な食品を意識的に多く摂るようにすれば誰でもエクオールが増やせるのかというと…

 

ここでまた大きな問題が。。

 

いくら大豆イソフラボンを摂取しても、体内でエクオールに変えられない人が居るのです。
それも「そういう人が居るらしい…」という可愛らしいレベルの話ではなく、日本人のうち2人に1人がそうなのだとか。

 

エクオールが作れない人

これはどういうことかと言うと、
先述の通りエクオールを作るには食品から摂ったイソフラボンを体内でエクオールに変える行程がある訳なのですが、体内で産生するのに必要な腸内細菌を2人に1人が持っていないのです。
自分がこの腸内細菌を持っているかいないかは検査によっても調べられるそうです。

 

ということで、
自分がもしこの腸内細菌を持っていないとしたら、いくら大豆イソフラボンを含む食品を一生懸命食べても、イソフラボンのサプリメントを内服しても全くムダということになってしまいますね。

 

 

かと言ってエクオールは食品から摂れません。
誰にでも効果のある何か良い方法は無いのでしょうか…?

 

エクオールの恩恵を受けるには?

食品からは摂れませんが、サプリメントからは直接エクオールを摂ることができるのです。

 

 

特に30歳代後半から50歳代の女性にはありがたい万能成分を、直接摂取できるようになるのです。
エクオールサプリは、非常に便利でありがたい存在です。
いままでイソフラボンをサプリメントや食品で意識的に摂っていた方もいらっしゃると思います。
これからは、女性ホルモンの効果を期待するのであれば、エクオールサプリで摂ることをおすすめします。
ただ、飲み始めてから効果が現れるには個人差があり、早い人では1ヶ月くらい、遅い人だと3〜4ヶ月飲み続けてやっと何らかの効果が実感できる、という方もいらっしゃるようです。

 

 

まずサプリメントを飲み始めたらしばらくは飲み続けて様子を見るようにしましょう。
また、エクオールは女性ホルモンに働きかける作用のある成分ですので、婦人科系の疾患をお持ちの方や、ピルなどを含むホルモン剤を服用中の方は、必ず専門医に相談してから摂る様にしましょう。

 

 

もちろん、普段の食事が私達の身体をつくっていますので、食品にも気を付けつつ、サプリメントもうまく利用して、いつまでも美と健康を維持していきましょう。

 

>>エクオールサプリの詳細はこちら<<