MENU

効果を左右する腸内細菌とは

女性ホルモン様の働きをするということで、テレビや雑誌などで取り上げられ、注目を集めているエクオール
ただ、この成分は体質によって作れる人と作れない人がいるのです。

 

その注目の成分である、エクオールの恩恵を受けられるかどうかは「エクオール産生菌」にかかっています。
これについては個人差が大きく、持っている人、持っていない人、多い人少ない人と分かれ、作れる人と作れない人になります。

 

 

エクオール産生菌とは

女性ホルモン系の諸症状の緩和に効果があると言われているのが、大豆イソフラボン。
そのことから大豆製品を積極的に摂る方は多いですよね。
同じくイソフラボンのサプリメントも人気があります。

 

ですが、近年の研究で新たに分かった事実が…
「大豆イソフラボンが直接女性ホルモン様の働きをするわけではない
ということ。

 

イソフラボンが腸内で吸収されるときに、エクオールという成分が生成されて初めて様々な効果が発揮されるということが分かったのです。

 

 

要は、腸内細菌です。
エクオール産生菌と呼ばれる腸内細菌が、体内に摂取された大豆イソフラボンからエクオールに変換してくれるのです。

 

この腸内細菌が活発に動いているかどうか?
これによって「エクオールを作れるか、作れないか」の明暗が分かれるわけですね。

 

テレビ番組「世界一受けたい授業」では、ゲストの小島奈津子さんがその必要な腸内細菌を持っていないということが判明しました。

 

 

小島奈津子さんは、エクオールを作れないことを知って非常にショックを受けていました。
大豆製品をいくら接種しても、無意味だと分かればショックですよね。

 

エクオール産生菌が少ない、若しくは持っていない人は、いくら健康のためにと大豆製品を食べても大豆イソフラボン(ダイゼイン)のまま身体に吸収されるだけ…。
そうなると期待しているような女性ホルモン様の効果は全く得られないということになります。

 

残念ながら、日本人の二人に一人はエクオール産生菌を持っていないというデータが出ています。
自分がその腸内細菌を持っているかどうか・・・
自分はエクオールを作れない人?

 

とっても気になりますよね。

 

エクオール産生菌を自分が持っているかどうか?
そして腸内細菌が多いか少ないかは、検査キットで調べることもできます。

 

 

エクオールを作れる人 or 作れない人

日本人の二人に一人はこの腸内細菌を持っていないということを先ほど説明しましたが、実は世界的に見るとこれでも多い方なのです。
肉食中心の欧米諸国ではエクオール産生菌を持つ人の割合は実に25%ぐらいまで下がります。

 

 

これは、日本人の方が昔から大豆の摂取量が多く、また和食など発酵食品を摂取する食文化によって、腸内環境の違いから生まれた結果ではないかと考えられています。
この説を裏付けるかのように、大豆をよく食べる中国や韓国も、日本と同様にエクオール産生菌を持つ人の割合がやはり多いのです。
5割でも多いとは、驚きですよね。

 

さらに、二人に一人はエクオールを作れる日本人ですが、一概にそうと言えるわけではありません。
年齢が下がるにしたがってこの比率が低くなっています。
10代〜20代の若い世代では欧米人と同じくらいの20〜30%の割合しかエクオール産生菌を持っていないというデータが発表されています。

 

どうしてこのような結果になっているのか?
詳しいことはまだわかっていませんが、食生活の変化が必要な腸内細菌を不足させる原因のひとつではないかと言われています。

 

それは欧米人と日本人のエクオール産生能の比較とまったく同じ理屈で、
若者の食の欧米化が原因と考えられています。

 

現代では大豆製品の摂取量は60歳以上の年齢層が最も多く、若くなるにしたがって食べる量は減っています。
そのことから、若者でエクオールを作れる人が減っているのです。
最終的には、欧米並みの割合に近づいていくのかもしれません。

 

エクオール産生菌を維持するためにも、やはり毎日の食事にもっと大豆製品を取り入れることが必要なのです。

 

 

ちなみに政府の発表する大豆の目標摂取量は100gです。

 

食物繊維は腸内細菌の好物

大豆製品の他にもエクオール産生菌に関連して大切なのが食物繊維です。
腸内細菌のエサとなる成分に食物繊維があります。
こちらもやはり大豆製品と同じく、60歳代の方が最もたくさん食べていて、年齢が若くなるにつれ徐々に摂取量が減っています。

 

食物繊維の豊富な食材は、葉物の野菜を中心に根菜や海草、キノコなども。
毎日積極的に摂ることで、お通じにも効果的で腸内環境を整えることができます。

 

エクオールを作れる人の特徴

その必要な腸内細菌を持っている人には共通して特徴があることがわかっています。

 

栄養バランス

炭水化物の摂取、食物繊維、緑茶、魚油(オメガ3等)を良く摂る人にエクオールを作れる方の割合が高いようです。

 

子供の頃の食生活

子供の頃に腸内細菌の種類が決まると言われています。
要するにエクオール産生菌が腸内に棲みついてくれるかは、子供の頃にかかっています。

 

ですから、幼少期に意識的に大豆製品を摂取する事。
これがエクオール産生菌の形成のためにも重要といえそうです。
小児期の食生活は腸内細菌の形成に重要ですのでお子様をもつ親御さんはこれからの健康のためにも、毎日の献立に大豆や野菜を積極的に取り入れていくことが大切です。

 

 

エクオール産生能を下げる原因

次のような場合に、腸内環境を悪化させて、エクオールを作りだすのに妨げになると考えられています。

 

ストレス

精神的な要因から十二指腸潰瘍などの疾患になってしまうことからも解るように、過度なストレスは腸内環境を悪化させてしまいます。

 

運動不足

適度な運動は腸内細菌を活発化させ、腸内環境を整える効果があります。

 

喫煙

タバコは腸内に悪玉菌を増やす原因になると言われています。

 

 

エクオール産生能への見解『総まとめ』

リサーチ結果をまとめると、まず日本人の二人に一人はエクオール産生菌を持っていないということでしたね。
この場合には大豆イソフラボンを摂取しても、変換されないままダイゼインとして体内に吸収されてしまいます。
また子供の頃に腸内細菌の種類が決まってしまい、エクオール産生菌が腸内に棲みついてくれるかも同じく幼少期に決まってしまいます。

 

さらに、食生活やストレス、嗜好品などでも腸内環境は悪化してしまうことがわかりました。
それではエクオールを作れない人はどうしたら良いのでしょうか?

 

エクオールの効果的な増やし方

大豆製品を積極的に摂取しても効果が薄いとわかった場合、どうしたら良いかというと・・・

 

エクオールを作れない人は、直接摂取する
ことです。
サプリメントから直接取り入れることができるのです。

 

 

大豆イソフラボンの場合にはエクオール産生菌がない場合、成分が変換されなければ効果が期待できません。
しかし、サプリメントで直接摂取すれば持っている腸内細菌などの体質に左右されずに、その恩恵を受けることが出来ます。

 

効果のあるエクオールを上手に取り入れて、いくつになっても健康な身体を維持していきたいですね。

 

>>エクオールサプリの詳細はこちら<<