MENU

美の要とも言われる女性ホルモン

アンチエイジングなどの観点からも、女性ホルモンに関するサプリメントがいま注目を集めています。

 

 

とは言っても目に見えるものじゃないので、自分が足りているのか足りていないのかわりずらいものですが。
「訳も無くだるい」
「肌の調子が悪い」
「精神的に不安定…」
といった症状が急に酷くなってきたら、もしかするとそれは女性ホルモンの分泌が低下し始めたサインかもしれません。
女性にとってはとっても大切な女性ホルモンですが、残念ながら30代後半から、年齢を重ねるにつれて分泌が減少し、自律神経が乱れたり、様々な弊害が現れやすいものです。
サプリメントやその他、対処法を考えていきましょう。

 

女性ホルモンが減ると…

歳を重ねるとホルモンの生成量が減少し、分泌される量も少なくなってしまいます。
では女性ホルモンが減ってしまうと、なぜ良くないのでしょうか?
主に知られている生殖機能以外にも、

 

脳や中枢神経機能
心臓血管系などの循環器
コレステロールや中性脂肪などの脂質代謝
乳房、皮膚、骨の代謝

 

など、女性の身体のさまざまな機能を調整する大切な作用をもっています。
女性ホルモンの分泌が欠乏するとこれらの作用が無くなってしまい、機能に変調が起こってしまうことから様々なトラブルが起こりやすいのです。

 

 

女性ホルモンが減少することによって起こりやすい変化について調べてみました。
次のような症状に心当たりがあれば、サプリメント等で対処した方が良いかもしれません。

 

生理不順と閉経
尿漏れ
肌荒れ・色素沈着
髪が抜ける、細くなる
不眠、イライラ、うつ
物忘れ
性交痛
骨粗しょう症
コレストロールの増加
頭痛、肩コリ
関節痛、腰痛
動脈硬化

 

女性ホルモンが不足するだけで、こんなに多くのトラブルが起こる可能性が出てきてしまうのですね。
そのため、対策が必要になってくるのです。

 

更年期サプリおすすめランキング

 

女性ホルモンの不足を防ぐには?

ストレス食生活の乱れなども女性ホルモンの分泌を妨げる原因になりますので、生活習慣に気を配るのも必要です。
ですが、
ストレスの多い現代社会に生きる女性達の中では、30代から更年期と同じ症状「プチ更年期」が始まっている方も珍しくないと言います。

 

 

ホルモンバランスを整える治療法としては低用量ピルがよく知られています。
ピルは、エストロゲンプロゲステロンが含まれた女性ホルモン剤で避妊や月経困難症を改善するのに使用されているものです。
しかし、
ピルの服用には血液が詰まる病気(血栓症)のリスクが高まります
ですので定期的に検診を受けることが必要です。
不足を防ぐ、最も手軽で効率的な方法としては、女性ホルモンを増やす成分をサプリメントで摂取する方法です。

 

効果が期待できるサプリは?

女性ホルモンを増やして、尚かつホルモンバランスを整える作用のあるサプリメント成分をいくつかご紹介します。

 

大豆イソフラボン

体内で女性ホルモンの1つ、エストロゲン様の働きをするのが大豆イソフラボンです。
そのことから更年期障害などのトラブルを抱えている場合は大豆製品の摂取に励んでいる方が沢山いらっしゃいます。

 

 

ただし、過剰に摂取し過ぎると月経異常や子宮内膜に悪い影響を与える場合もありますので必要以上に摂取しないよう注意が必要です。

 

プラセンタ

プラセンタは哺乳類の胎盤から有効成分を抽出した胎盤エキスです。
主に美肌や美白効果があることで知られています。

 

 

そのことから化粧品にも多く使われていますが、ブタや馬の胎盤から抽出されていることから内服に不安の声が聞かれることもあります。

 

チェストツリー

チェストツリーは、地中海やアジアに自生する植物で、ホルモンバランスの乱れを整える働きがあり広く知られています。更年期障害の症状を改善する効果があります。

 

ブラックコホシュ

北アメリカ原産のハーブの一種で、エストロゲンと似た作用をすると言われています。
骨粗しょう症の予防や生理前症候群を軽くしてくれる働きがあります。

 

 

マカ

南米ペルーに自生する植物の一種で、主に滋養・強壮の効果が知られている成分ですが、近年では更年期障害の改善などへの効果も広く知られるようになりました。

 

エクオール

エクオールは大豆イソフラボンを摂取することで、腸内細菌によって作られる成分で、別名「スーパーイソフラボン」とも呼ばれています。
女性ホルモン(エストロゲン)に似た働きをする性質が注目を寄せています。

 

 

 

上記の通りで、女性ホルモンに作用するサプリメント成分は様々あります。
では一体どの成分が入ったサプリを選んだら良いのでしょうか?

 

おすすめのサプリメント成分は?

一番おすすめできる成分は『エクオール』です。

 

「ホルモンバランスといったらイソフラボンでしょ」
という声が聞こえてきそうですが、実は・・・

 

大豆イソフラボンの恩恵を受けられる女性は日本人の50%に満たない
のです。

 

その理由は、
大豆イソフラボンが直接女性ホルモンに作用するのではなく、イソフラボンから腸内でエクオールという成分が産生されて初めて作用するのです。
ですがこのエクオールを産生するのに必要な腸内細菌を2人に1人が持っていません
積極的に大豆製品を食べたり、イソフラボンのサプリを飲んでたのに、一向に効果が現れなかったという方がいるのはこのためなのです。

 

 

それと違ってエクオールをサプリメントで摂取した場合には、直接その女性ホルモン様の効果が得られる訳です。
ですからイソフラボンよりも確実に効果が期待できるエクオールのサプリが女性ホルモンの対策には向いているのです。

 

 

さらにエクオールの摂取で期待できる効果として確認されているのが

 

シワの予防・改善
美白・シミの改善
更年期障害の改善
生活習慣病のリスク低減
骨密度の減少を抑制
乳がんの予防
脱毛の抑制
前立腺がん予防

 

など多岐に渡ります。
女性だけでなく男性にも効果があるのですね!

 

サプリメントの選び方

では、色々なメーカーから販売されているエクオールサプリの中から、どの様に選んだら良いのでしょうか?

 

まず、市販の製品をむやみに購入しないようにしましょう。
安価な外国製のサプリメントなどは1日の必要量を考慮されておらず、逆に過剰摂取になってホルモンバランスが崩れたりする原因になります。
また、添加物を過剰に使用しているサプリもありますので、パッケージ裏面の原産国名、企業名、成分表示などをしっかりチェックしましょう。

 

 

おすすめできる安全なエクオールサプリメントについてはこちらのページをご覧ください。

 

エクオール