MENU

ルビーナとエクオール、自分に合うのはどっち?

病院へ行かずに更年期の辛い症状を改善したい・・・
そんな時に対策できることとしたら、市販の医薬品やサプリの内服です。

 

ルビーナ(武田薬品工業)は、いま注目されている更年期障害向けの医薬品。

 

 

漢方の考え方に基づいた更年期向けのお薬です。

 

一方。
更年期障害サプリとして評判が高いのがエクオール

 

 

エクオールは、テレビでその効果が取り上げられて以来、急激に広まり、一時は品薄状態になっていました。

 

この2つとも、できれば病院には通わないで更年期障害を治したい、という女性の中で、口コミから人気が集まっています。

 

では、医薬品であるタケダ・ルビーナか、サプリメントであるエクオールか、どちらを飲むのが良いのでしょうか。
ルビーナは、医薬品として認可されているだけに、効果は期待できそうですが、長期間服用した際の副作用なども気になります。

 

それぞれ配合されている成分も全然違うので、体質によっては合う合わないがあるかもしれません。
各々の特徴をきちんと知ったうえで、自分に効果が得られそうなのはどちらなのか、正しく判断して選びたいですね。

 

自分に合った更年期障害の改善策を選ぶために、タケダ・ルビーナエクオール、それぞれの特徴や成分、価格、口コミなどを見ていきましょう。

 

タケダ・ルビーナ(第2類医薬品)

漢方薬の考え方に基づいて作られた、女性のための医薬品です。
ルビーナは、漢方処方「連珠飲(れんじゅいん)」にもとづく漢方薬。
漢方の効果で血のめぐりを良くして体を温め、水分代謝・自律神経の働きを整え、体全体のバランスを良くしていきます。

 

 

更年期障害でも特にめまい、立ちくらみ、どうき、息切れ、便秘、貧血、のぼせ、ふらつきがある方に効果的。

 

タケダ・ルビーナの分類は第2類医薬品です。
医薬品は、具体的に起きている症状を緩和させるものとして厚生労働省が、症状緩和に効果があると認可した「薬品」。
ルビーナも様々なデータを検証を経て認可が得られているので、この点はサプリメントとは差別化できる優位な点と言えそうですね。
ただし症状緩和に効果があればその分、副作用もゼロとは言えませんので、それは念頭においておく必要があります。

 

AMC・エクオール

更年期障害の改善を目的としたサプリメントは数多くあり、其々に配合されている成分も様々です。
その中で最も評判が高いといえるのがエクオール。

 

その理由は
誰でもが効果を期待できる
という点です。

 

エクオールが登場する以前は、女性ホルモン様の働きをする成分としては「イソフラボン」が主でした。
ですが、最近になってこのイソフラボンの過剰摂取による副作用の可能性が取りざたされたり…

 

もうひとつ大きな問題が、日本人のおよそ2人に1人、効果がないことが判明したのです。
実は、イソフラボンはそのまま体内で作用するのではありません。
「エクオール産生菌」という腸内細菌の働きにより「エクオール」が産生されて初めて作用します。

 

そして残念なことに日本人の2人に1人、産生するのに必要な腸内細菌を持っていないのです。
対策はというと、直接エクオールを摂取する事。
そこで台頭したのがエクオールサプリ

 

 

直接摂取により、女性ホルモン様の作用を誰でもが受けることができます。
エクオールサプリは、更年期障害の対策イソフラボンよりも確実に効果が期待できると注目を集めています。

 

成分について

 

タケダ・ルビーナの成分は

生薬を用いた漢方薬で、配合されている成分は

 

連珠飲エキス散 3,150mg
トウキ 1,500mg
シャクヤク 1,500mg
センキュウ 1,000mg
ジオウ 500mg
ブクリョウ 2,000mg
ケイヒ 1,500mg
ソウジュツ 1,500mg
カンゾウ 500mg

*9錠(1日服用量)中

 

添加物 無水ケイ酸、カルメロースCa、ステアリン酸Mg

 

ルビーナには、血のめぐりや自律神経の働きを整え、更年期の症状を改善する効果の期待できる生薬が配合されています。
ただ、添加物が複数配合されているのが気になります。

 

AMC・エクオールの成分は

更年期障害の原因となるのが加齢に伴う女性ホルモンの減少。
女性ホルモン様の効果で身体にダイレクトに作用するエクオールが10mg(1日服用量3錠中)配合されています。
もうひとつ、一緒に配合されているのがラクトビオン酸
ラクトビオン酸とは、牛乳など乳製品中に含まれるラクトースを酸化させることによってつくられるオリゴ糖です。
更年期症状の緩和、骨粗しょう症の予防に効果があると言われています。
エクオールにラクトビオン酸を一緒に配合することで、エストロゲン様作用をさらにサポートしてくれます。

 

 

ラクトビオン酸単体のサプリメントもあり、定評のある成分です。

 

更年期への効果について

 

タケダ・ルビーナの効果は

ルビーナは、漢方処方「連珠飲(れんじゅいん)」にもとづく漢方薬。
「連珠飲」は、血液の循環を改善する「四物湯(しもつとう)」と水分の偏りや神経の働きをととのえる「苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう)」の2つを組合わせたものです。
ですので、ルビーナは血流不足や自律神経の失調、代謝不良が原因となっている症状に対して特に効果を発揮します。

 

症状例

貧血、のぼせ、ふらつき、めまい、立ちくらみ、どうき、息切れ、便秘

 

AMC・エクオールの効果は

ダイレクトに女性ホルモン様の働きをするのがエクオール
女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が低下したことによる更年期障害の症状に広く効果を発揮します。

 

症状例

ホットフラッシュ、動悸、胸痛、のぼせ、嘔気、食欲不振、寒気、冷え症、肩こり、めまい、息苦しさ、疲れやすい、頭痛、感情の起伏が激しい、情緒不安定、焦燥感、抑うつ、腰痛、関節痛、皮膚の乾燥

 

更年期症状に対する臨床結果

ルビーナエクオール共に、しっかりと更年期障害に対する効果について臨床結果を発表しています。

 

タケダ・ルビーナの臨床結果報告

 

AMC・エクオールの臨床結果報告

 

双方の指標がばらばらなのでなんとも比較がしにくいですが、
タケダ・ルビーナは、更年期障害の症状の中でも特に「頭痛・のぼせ・動悸・めまい」等の症状において良好な改善結果が出ているようです。

 

AMC・エクオール「イライラ・不安感・疲労感・冷え・ほてり」など、精神面と身体面の両方の症状について改善結果が出ていることがわかります。

 

アプローチ方法の違い

もうおわかりかと思いますが、タケダ・ルビーナとエクオール、
この2つの製品は成分も特徴も全く違います

 

ですが更年期症状を穏やかにするという効果だけは一緒。
どういう事なのかというと、両者のアプローチ方法が異なるのです。

 

タケダ・ルビーナ

生薬を用いた漢方薬

血流・自律神経にアプローチ

更年期障害の症状を改善

 

エクオールサプリ

エクオール+ラクトビオン酸

女性ホルモンにアプローチ

更年期障害の症状を改善

 

というような違いがあります。

 

なので自分の体質や、更年期障害の原因となるものを見分けながら、自分に合った方を選ばなければ期待するような効果を得ることができません。

 

価格について

身体のためだから値段より中身・・・
と言いたいところではありますが、やっぱり価格だって気になってしまいますよね。

 

タケダ・ルビーナの価格

1瓶が3,326円(20日分)・1日あたり166円

 

AMC・エクオールの価格

15,552円(3個セット)・1日あたり172円
単品購入の場合は1瓶が5,832円(30日分)

 

 

 

価格を見ると、1日あたり、ルビーナは166円、エクオールは172円
ほぼ変わりません。
中身で比較した方が良さそうですネ。

 

副作用について

 

タケダ・ルビーナの副作用は

胃が荒れる、アレルギー症状が出る、下痢などの副作用症状が挙げられます。
特に漢方薬は全般的に胃を荒らすことがありますので、胃腸の弱い方は避けたほうが良いかもしれません。

 

AMC・エクオールの副作用は

「AMC・エクオール+ラクトビオン酸」を製造しているメーカーさんに聞いてみたところ、副作用については約1%程、臨床実験の際に確認されているとのこと。
その副作用の症状はわりと軽微なものがほとんどで、おりものの増加、膨満感、胃腸症などだそうです。

 

タケダ・ルビーナの口コミ

実際に飲んでみた方の口コミをリサーチしてみました。

 

タケダ・ルビーナの口コミ@ 30歳代・さちこさん

更年期のような?症状がひどく、婦人科でお薬をもらっていました。
でもかえってだるくなったりして体に合わないような気がして、薬局で相談したところルビーナを勧められました。
ルビーナは市販薬の中で比較すると効果が出るのが早く、飲み続けなくても調子の悪い時に飲めばいいからとのことでした。
確かに私には合っているみたいです。

 

タケダ・ルビーナの口コミA 30歳代・きのこさん

イライラと睡眠障害、それに肌の乾燥に吹き出物など‥生理前に出てきて困っていました。
で薬局で勧められたのがルビーナでした。

 

1瓶飲み終わりました。
でも、ルビーナの効果はイマイチ。
比較してみると命の母Aの方が私には合っていた気がします。

 

タケダ・ルビーナの口コミB 50歳代・ラクラクさん

50歳を過ぎた途端、体がダルイ、熱っぽい、脳内に圧力を感じる痛み‥更年期に突入!
何もやる気がしなくてだらだらと過ごすことが多くなりました。感情の起伏も激しくなりました。
少し前に命の母Aを飲んでいました特に効果は感じられなくて‥

 

比較すると私にはルビーナの方が効く気がします??
体のほてりが収まり、だるさもましになり動けるようになってきました。
ルビーナを飲んで夜も眠れるようになりました。
しばらく続けて飲んでみます!

 

タケダ・ルビーナの口コミC 30歳代・みほさん

更年期障害に効果があるということでドラックストアで購入しました。

 

ルビーナの服用回数は、本当は1日3回なのですが、私は夜だけ1回で半年以上飲んでいます。
冷えが改善しのぼせにも効いています。
人によって合う合わないがあると思いますが、飲む量を調整してみるといいかもしれません。

 

タケダ・ルビーナの口コミD 40歳代・ラッキーさん

更年期のホットフラッシュやむくみに苦しんでいた私はドラックストアで命の母Aを購入して飲んでいました。
でもあまり効果が感じられず‥

 

今度は口コミでもよかったルビーナを期待をこめて飲み始めました。
漢方の匂いがきついように思いましたが苦味もなく私はさほど気になりません。粒も大き目なのですがなんとか飲めます。

 

が!!
ルビーナを飲み始めて2週間ほど経ったころ、胃痛と下痢の症状が‥
のぼせや倦怠感に効果は感じていただけに残念です。
副作用なのかどうかはわかりませんが、ルビーナは私には合わなかったです。
胃腸の弱い方はご注意ください。
追記:
使用上の注意に胃腸の弱い人は服用前に相談することと記載されていました。

 

タケダ・ルビーナの口コミE 50歳代・インコさん

更年期のためずっと命の母Aを飲んでいたのですが、口コミがよかったのでルビーナに浮気してみました。
1ヶ月飲んでの感想ですが‥
私の求めているなんとなくだるい、イライラする、疲れが取れない、たまにめまいやホットフラッシュ発汗などにはほぼ効果がわからずじまいです。

 

ただ、ルビーナを飲み始めたら久しぶりの本格的な生理?がきました。
もう閉経間近と思われる状態が続いていたのにビックリです。

 

でもルビーナのおかげで生理中の不快感も戻ってきてしまい、困っています。
女性ホルモン分泌を促進する効果はあったのかもしれませんが、不快感がなくならないので、もう飲むのをやめようと思います。
更年期障害改善の薬の効果には個人差があるので、実際にいろいろな薬を試してみないとわからないですね!

 

タケダ・ルビーナの口コミF 40歳代・snowさん

肩こりや頭痛に悩まされるようになり「これが更年期障害?!」って思い薬局で購入しました。
以前は命の母Aを飲んでいたのですが、効果がいま一つ感じられなくなり更年期にポイントをあてたルビーナの方がいいかなと思い購入。
比較するとルビーナの方が価格が高いですね。

 

でも1瓶飲みきってみて、イライラが減って穏やかでいられるようになりました。
気分が安定している!って感じです。
朝の目覚めもよく、体調もいいような気がします。

 

漢方薬なので、ルビーナは副作用もあまりなさそうだし、タケダのネームバリューにも安心感があります。
これからも飲み続けてみます!

 

タケダ・ルビーナの口コミG 50歳代・MILUさん

CMに惹かれて購入です。
1瓶飲み終えましたがいまいち効果は感じられません。
薬局で相談したところ、更年期の改善にはもう少し継続した方がいいと言われたのですが、継続するにはルビーナの価格がちょっと高い気がします。(1瓶20日分なのです)
粒も大きめで飲みにくいし、漢方特有の匂いがきつめです。

 

はっきり言ってルビーナを1日3回飲むのは大変です。
この匂いが効果がありそう?な感じはするのですが‥

 

結局、ルビーナを飲むのをやめてしまいました。
むくみと冷えの改善を希望していて、トイレの回数が増えたのでむくみには効いていたのかもしれませんが、体や手足がポカポカすることはなく…
継続すれば更年期障害に効果があったのかもしれません。でも価格がネック。

 

タケダ・ルビーナの口コミH 50歳代・ポッキーさん

飲み始めて1週間、顕著な効果は感じられませんが、朝の目覚めは良くなった気がします。
ルビーナは成分が漢方なので、変な副作用もなさそうなので安心できます。

 

さらに飲み始めて3週間が経過しましたが、特に変化はありません。
漢方のにおいは好きな方ですが、ルビーナのにおいは、苦手です。
私には合っていないかもです。

 

なのでもう飲むのをやめようと思います。
更年期障害に効果があると期待していただけに残念です。

 

AMC「エクオール」の口コミ

エクオール + ラクトビオン酸サプリの口コミについては下記のページで詳しく掲載しています。
参考にしてみてください。

 

参考:「AMC エクオールサプリの口コミ・評判と効果について

 

タケダ・ルビーナの評価まとめ

口コミを見ていると実に賛否両論ですね。
医薬品だけに体質によって合う合わない、更年期への効果、副作用の出方などが大きく分かれるのでしょうか…。
ここまでのところを踏まえて、良い面、悪い面をまとめてみました。

 

タケダ・ルビーナのメリット
  • 医薬品である
  • ドラッグストアなどで購入できる
  • 企業規模による信頼性、ネームバリュー

 

タケダ・ルビーナのデメリット
  • 効果が体質により分かれる
  • 3錠を1日3回、計9錠を飲む必要
  • 胃が荒れやすい
  • 長期間の服用は推奨されていない
  • 副作用の可能性

 

エクオールの評価まとめ

次にAMC・エクオールの総評について

 

エクオールサプリのメリット
  • 女性ホルモンにダイレクトにアプローチ
  • 1日1回の服用でOK
  • 副作用がでにくい
  • 胃に優しい

 

エクオールサプリのデメリット
  • カプセルがやや大きめ
  • ドラッグストアで手に入らない
  • 医薬品ではない

 

ルビーナ or エクオールどっちが自分にあっているか…

以上の内容をふまえると、更年期障害の症状緩和には
ルビーナなのか、それともエクオールが良いのか…
自分に向いているのがどちらなのかを判断するためのチェックポイントをまとめてみました。

 

タケダ・ルビーナはこんな方におすすめ
漢方薬を試してみたい
胃腸は強いほう
1日3回飲み忘れなく飲める
添加物は気にならない
通販が嫌い・市販薬で探している

 

AMC・エクオールはこんな方におすすめ
とにかく更年期障害の症状をなんとかしたい
薬で強い反応が出てしまう場合が多い
薬は副作用が心配
イライラ・不安感など精神面の効果も期待したい
イソフラボンで効果が感じられなかった

 

ルビーナとエクオール比較のまとめ

まず、
タケダ・ルビーナの方は、医薬品であり歴史も長く、武田薬品ということで信頼性も高いです。
市販されているので手軽に入手できるのも魅力ですが、口コミにあったように副作用が強く出る場合があったり、添加物の使用も気になる点です。

 

一方で、
エクオールは飲む人の体質に左右されずに更年期障害に対する効果を期待できる面が魅力。
ルビーナのような医薬品と違い胃が荒れず、副作用が出にくいのもメリットと言えそうです。
1日3回の服用が推奨されていますが、1回に1日量の3カプセルを服用してもよいそうです。

 

 

ルビーナエクオール、双方ともかなり特徴のある製品ですので選びやすいのではないかと思います。
上記のメリット・デメリットを参考に、まずは試してみて継続するかどうかを判断されてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

自分に合った改善方法を選んで、更年期障害のつらい症状から解放されて健やかに過ごしたいですね。

 

エクオール